カジノイベント総合プロデュース企業
株式会社ブライト / Bright,Inc.

2018年7月IR整備法案(カジノ法案)成立。
いよいよ日本にカジノが誕生します。

Big Six カジノルール攻略ガイド|ビッグシックス

概要(ビッグシックス)


ビッグシックスは別名「ウィール・オブ・フォーチュン」や「マネーウィール」とも言われ、華やかにデコレートされた車輪を用いて行うゲームです。見た目の華やかさから、カジノに客を呼び込みための客寄せ目的にカジノの入り口に設置されていることが多く、初心者向けのカジノゲームです。

使用する代表的な道具
(ビッグシックス)


使用する代表的な道具の補足説明
クラッパー:当たりの数字枠を指し示す物。小気味よくパタパタと音を立てるのが特徴。
ウィール:昔ながらの物は実際の紙幣を入れ込んでいるが、イラストを描くカジノも多い。
レイアウト:賭け枠は左右対称に配置されていて、左右どちらにチップを置いても有効。

基本ルール
(ビッグシックス)


ディーラーがウィールと呼ばれる円盤をスピンさせます。
ウィールの周りには、1,2,5,10,20,40の数字枠があり、最終的にウィールの上部に取り付けてあるクラッパー(当選位置を決める目印)が、どの数字枠で止まるかを当てるゲームです。
レイアウト上にはウィールの周りと同じく、1,2,5,10,20,40の賭け枠があり、当選数字が倍率となり、配当されます。

ラスベガスの標準的なウィールの構成(数字枠の総数は54箇所)

1(1to1) 23箇所
2(2to1) 15箇所
5(5to1) 8箇所
10(10to1) 4箇所
20(20to1) 2箇所
JOKER(40to1) 1箇所
FLAG(40to1) 1箇所


ゲームの進行
(ビッグシックス)


【1】 ディーラーからの『place your bet』(賭けてください)の合図でゲームがスタート。
【2】 ベッティングエリアにチップを賭けてください。※「ベッティングエリアと倍率」参照
【3】 ディーラーがウィールを回します。
【4】 ディーラーからの『no more bet』(締切です)の合図で賭けを締め切ります。
【5】 クラッパーに止まった数字が当選数字になります。
【6】 外れたチップをディーラーが回収します。
【7】 当選したチップに対して、順次配当が付けられます。

※上記は一般的なゲーム進行の流れであり、カジノのハウスルールによってルールは変動することがあります。

ベッティングエリアと倍率
(ビッグシックス)



歴史(ビッグシックス)


その歴史は古代ギリシャ、ローマ時代まで遡ります。戦争に使用された2輪馬車の車輪を回して、槍の先に止まった場所に応じて賞品を奪い合ったと言われており、ルーレットの原型ともなっている。

ワンポイントアドバイス
(ビッグシックス)

ビッグシックスの控除率[※]は高く全体で15%前後になるため、プレイヤーにとって非常に分の悪いゲームです。
見た目の華やかさや、ルールが簡単で高配当も得られることからプレイヤーは集まるものの、勝つことは容易ではありません。
カジノ側は、客寄せ目的のカジノゲームであると割り切って導入しています。

[※]控除率(ハウスエッジ)
カジノの収益を生むためには無くてはならないもので、各ゲームにおいて、本来当選する確率よりも少なく見積もった倍率で実際の配当を行い、その差額をカジノ側の利益とするもの。

※ページ内情報の無断転用を禁止いたします 株式会社ブライト