カジノイベント総合プロデュース企業
株式会社ブライト / Bright,Inc.

2018年7月IR整備法案(カジノ法案)成立。
いよいよ日本にカジノが誕生します。

2018-03-30 すぐにわかる!IR整備法案(通称:カジノ法案)の動向まとめ

民間事業を活用した公益実現に関する論点 ※赤字は政府案

カジノスクール写真

カジノ施設規模規制

1万5000平方メートル以内、且つIR内におけるゲーミングエリア(カジノ)の占有率3%

自民より「カジノにおける収益が限定されるため、3%程度の相対的割合のみの規制とするべき」との意見があり、「延べ床面積の3%以下」とすることで合意。
「一部に過ぎないこと」を確実に担保する一方で、依存防止については厳格な入場回数制限や入場料の引き上げなどと合わせて万全を期す。

カジノ入場回数制限(日本人や国内滞在の外国人を対象)

7日間で3回、且つ28日間で10回まで

厳格なギャンブル依存症予防策を講じる観点から政府原案を了とし、7日間で3回、且つ28日間で10回の入場制限で合意。

本人・カジノ入場回数確認手段(日本人や国内滞在の外国人を対象)

マイナンバーカードの公的個人認証を使用

自民より「マイナンバーカードのみにとどまらず、写真付きの公的身分証明書または生体人相技術などの活用などにより、利用者の利便性を向上させるべき」との意見がある。

カジノ入場料(日本人や国内滞在の外国人を対象)

1回あたり2,000円

自民より「過度の負担にならない水準にすべき」との意見があったが、公明は「少なくともシンガポール(100シンガポールドル=約8,000円)にすべき」と意見。
日本とシンガポールの一人当たりのGDPの差を勘案しつつ、さらに実質的にシンガポールの入場料以上の水準を確保するなどの観点から6,000円で合意した。

カジノ収益の一部を国や自治体に収める納付金率(カジノ税)

30%一律型もしくは30%~50%の累進型

「事業性や国際競争環境などに十分配意しつつ、最終的に判断されるべき」「30%は高すぎるのではないか、累進課税は必要ないのでは」との意見が多かったが、「カジノ収入の一律30%」とすることで合意。

IR(Integrated Resort=統合型リゾート施設)制度 ※赤字は政府案

テキサスホールデムポーカー

区域認定数

IR推進法審議時の提案者国会答弁を紹介

自民より「準備を進めている地方の声にも配慮して、少なくとも4~5箇所にすべき」との意見、公明からは「推進法の提案者国会答弁で繰り返された2~3箇所にすべき」との意見が多かったが、「IR設備箇所数は3箇所を上限」とすることで合意した。

認定区域数の上限の見直し

最初のIR区域認定から数年経過後に検討

「カジノ開業から5年後、もしくは区域認定から10年以内」「カジノ開業後の考課・実績を一定期間検証したうえで見直すべき」などの意見があった。
IRの押下を見極める期間を確保すると同時に、立地を希望し、準備を進めている地方の声にも配慮する観点から、「最初の区域認定から7年経過後」とすることで合意。尚、IR実施法全体について、最初の区域認定から5年経過後の検討条項を法定とする。

中核施設の要件・基準

「日本国を代表することとなる規模であること」を要件化

「地方にも可能性が開けるように規模だけでなく、特質を評価する」「日本国を代表する一定規模以上のものにする」との意見があった。
観光先進国を実現するという観点から、政府案を了とする。その際、日本国を代表することとなる規模などであることを政令などで規定する。

立地市町村との関係

都道府県などは立地市町村等に協議

自民より「立地市町村の合意は前提とするものの、その議会の承認までは必要ない」との意見があるが、公明は「立地市町村及びその議会の合意を要件として認定すべき」との意見があった。
附帯決議の趣旨を踏まえ、「認定申請をする自治体の議会の議決と立地市町村の合意を要件とする」事により、地元での合意形成を制度化することで合意。

開業までのプロセス

カジノ管理委員会設置は2019年夏以降、国の基本方針はそれ以降。その後「地方のプロセス」との説明。

「政府案よりもスピードアップすべき」「IR認定及び開業まで何年と決める必要はない」などの意見があった。
地方自治体における準備状況を踏まえ、早期に日本型IRの効果を発現させるとともに、地元での合意形成などの手続きを確実に行う観点から、「法定されるIR区域認定数の上限の下で、申請・認定のプロセスを2回行うこと」を検討する。

IR整備法案(通称:カジノ法案)の今後の流れ

自民公明両党の意見を来週までにまとめて、IR実施法案(通称:カジノ法案)を国会に提出する方針だ。今国会中(通常国会の会期は6月20日まで)に審議を行う見通し。

わかりやすく解説!「カジノを含む統合型リゾート(IR=Integrated Resort)」とは

カジノ誘致における日本のギャンブル依存症対策とは

EVENT INFORMATION 最新イベント情報

一覧を見る

CASINO NEWS 最新カジノ関連ニュース

一覧を見る

BRIGHT NEWS ブライトニュース

一覧を見る